ゼファルリンの成分と言えばシトルリン?

ゼファルリンの成分と言えばシトルリンだけと思っている人たちも多くいるのではないでしょうか。しかしゼファルリンは決してそのようなサプリメントでなく、ただシトルリンと言うのなら他にもいいサプリメントはあるかもしれません。ゼファルリンが多くの人たちから評判なのは、日本人のために製造されたサプリメントだからです。日本人の男性がペニス増大に成功するためにシトルリン以外にもいろいろな成分がここに配合されています。

もちろん主要な成分はシトルリンなのですが、これはペニスに血流を与え、ペニス増大へともたらすためにとても効果的成分です。

ゼファルリンは決してシトルリンを無視してペニス増大はあり得ないと言っています。

L-トリプトファンとの相乗効果

ここで注目して欲しいのがゼファルリンに含まれているL-トリプトファンという成分です。L-トリプトファンという成分がいまいち判らないと言う人たちもいるようですね。L-トリプトファンは人間の体内で作り出すことが出来ない、かつ人間の身体に欠かすことの出来ない必須アミノ酸のことを言います。ただし、みなさんがL-トリプトファンをこのようなサプリメントでしか取ることが出来ないのかと言えばそうではなく、私達は鶏肉、さんま、インゲン豆と言った様々な食品より摂取することも可能ですが、合理的にL-トリプトファンを摂取し活かすと言うことを考えるとやはりサプリメントが効果的です。

L-トリプトファンが不足することによって私達はイライラしたり、熟睡出来るようになったりする効果があり、ゼファルリンになぜそのような成分が含まれているのかと言えば、精力をアップさせるために、L-トリプトファンがとても大きな効果を発揮するからです。

ペニス増大は精力アップから導き出されて行くものなのです。L-トリプトファンが充分にないと、男性ホルモンの分泌も、精液の合成もうまく行かず健康的な性的交渉も出来なくなってしまうのです。L‐シトルリンとL−トリプトファンが相乗的にペニス増大へと促してくれます。錠剤にはLトリプトファン、Lイソロイシン、Lロイシンの他、赤ガウクルアやエゾウコギ アムラ、雪蓮花と言ったものが含まれ、 カプセルにはLシトルリン、Lオルニチン、 Lアルギニン、 Lアスパラギン酸、更にまむしやすっぽんと言った精力アップの成分が含まれています。

Lシトルリンなど60種類もの成分を配合

ゼファルリンには60種類もの成分が配合されています。具体的には、高麗ニンジン、マムシ、有機マカ末、スッポン末、ガシュツ末、蜂の子なども配合成分の1つです。高麗ニンジンやマムシ、スッポンなどは良く知られていますが、有機マカ末をご存じの方は少ないでしょう。

これは、南米ペリーに多く自生する植物で、男性の性力アップに効果的とされる植物です。ガシュツ末は、別名で紫ウコンとも呼ばれているもので、男性用の滋養強壮剤や精力剤などに多く配合されているものです。このようにゼファルリンには男性に関連した漢方成分が厳選して配合されていますので、これからペニス増大を実現させたいという方には心強い限りです。

ゼファルリンに含まれる主な成分

朝鮮ニンジン、マムシ、有機マカ末、スッポン末、ガシュツ末、ローヤルゼリー、蜂の子、L-リジン、豚睾丸エキス末、ブラックカラット、ガテナ、冬虫夏草菌糸体、羅漢果、牡蠣エキス、田七ニンジン、Lオルニチン塩酸塩、Lアスパラギン酸ナトリウム、さけ白子抽出物、Lアルギニン、イチョウ葉エキス末、クロム含有公募、ブドウレスぺラトロール、ウコン末、トンカットアリエキス、ムクナエキス、アカガウクルナ、ワイドヤムエキス、ノコギリヤシ、エゾウコギ他

冬虫夏草に象徴される漢方薬エキスの配合

ゼファルリンは日本人の体質にあわせて開発された製品であり、多くの漢方薬エキスが粉末状で配合されています。そのうちの1つである「冬虫夏草」は漢方薬の王様といわれるほど中国ではポピュラーなものです。

薬名には「虫」と付いていますが、これはキノコであって虫の乾燥物などではありません。セミやクモなどの昆虫に寄生したキノコの一種で非常に希少性が高く高価なものです。東洋医学の真髄ともいえる漢方とゼファルリンの主成分であるシトルリン、Lトリプトファンとは、いずれも天然由来という意味で相性の良いもの。個々の養分の相乗効果によって、ED症状や高血圧、冷え性など、様々な面で改善が期待できます。

漢方ワンポイント

漢方治療は東洋医学という領域の中で進化をつづけてきましたが、数千年の歴史の中で「患者の個々の症状の根源を見極め、天然由来の植物の薬効を処方する」という考え方はまったく変わっていません。

西洋医学が症状の改善のために薬を用いるのに対して、漢方薬の目的は症状を引き起こしている源を改善するといった基本姿勢です。改善までに時間はかかりますが、ゼファルリンも漢方も基本的には同じ考え方にあります。

Copyright © ゼファルリンについて. All rights reserved.